デスクトップとラップトップ、タブレットどう選ぶのか?

パソコンを持ち歩かないならデスクトップ

家電量販店でパソコンコーナーに行くと、ラップトップ型がたくさん展示されています。デスクトップは家庭向けとしてはあまり人気がなく、奥の方にひっそりと展示されていたりします。デスクトップはバッテリーがなく、ディスプレイやキーボードが別になっています。いろいろなところで使うのではなく、ある場所に固定して使う運用が多くなります。法人向けパソコンとしてデスクトップを選ぶのは、パソコンを持ち歩かない業務用になるでしょう。経理や総務などの事務部門の仕事はデスクでの仕事が多いのでデスクトップの方が良いでしょう。その他ソフトウェアの開発業務をするときもデスクトップの方がいいでしょう。複数のディスプレイをつなげるなど拡張もしやすくなります。

パソコンを持ち歩くならラップトップやタブレット

営業職の仕事といえば、客先などへの商品の売り込みがあるでしょう。社内での作業もありますが外出先での作業もあり、どこででも仕事ができるラップトップタイプのパソコンの方が使いやすくなります。仕事上パソコンを色々なところに移動する必要があるなら、法人向けパソコンはラップトップが良いと言えるでしょう。フリーアドレス制を取っている会社なら業務を問わずラップトップの方がよさそうです。提案型の仕事をしているなら、その業務がしやすいタブレットを選ぶ時もあります。相手に画面を見せながらの説明がしやすいです。ディスプレイ部分を取り外してその部分をタブレットとして使えるラップトップもあります。提案の業務も入力の業務もどちらもしやすくなります。