法人向けパソコンを購入する時、どのように選べば良いのか悩んだことはありませんか?ここでは、法人向けパソコンを選ぶ時に気をつけたいポイントを説明していきます。より良いパソコン選びで、皆さんのお仕事に役立てれば幸いです。

使い勝手や安全性に関係するポイント

デスクトップとラップトップ、タブレットどう選ぶのか?

家電量販店でパソコンコーナーに行くと、ラップトップ型がたくさん展示されています。デスクトップは家庭向けとしてはあまり人気がなく、奥の方にひっそりと展示されていたりします。デスクトップはバッテリーが…

本体のサイズと重量とは

パソコンを新しく購入する際、「画面サイズ13型」や「画面サイズ13インチ」などといった記述を見かけますよね。パソコンは画面が最も場所をとります。画面のサイズがパソコンのサイズと考えて良いでしょう。…

性能に関係するポイント

仕事に使うパソコンなら、効率よく作業できる性能かどうかが気になるところではないでしょうか。ここでは、パソコンの性能に関係するパーツであるCPU、メモリ、HDD/SSDについてお伝えしていきます。性能面でのパソコン選びのご参考にどうぞ。

CPUのコア数と周波数について

法人向けパソコンの性能は、CPUのコア数と周波数によって大きく変わってきます。コアは演算処理を行う部分で、コアが複数あるCPUはプログラムを効率よく処理できるのが特徴です。コアが2つのものはデュア…

メモリの容量と枚数について

パソコンのメモリ容量は最新のゲームをしたり、動画や画像の作成および編集を行う場合にとても関わってきます。メモリというのは作業をするためにパソコンが道具を一時的に置く作業台のようなもので、当然、その…

HDDとSSDについて

法人向けパソコンの性能に関係するポイントとして、HDDとSSDについて調べてみましょう。HDDはSSDと比べて容量単価が安く、低いコストで大容量のストレージを確保できます。サイズは主に2.5インチ…

認証機能とワイヤーロックについて

指紋を登録してセキュリティ性を高める

世界には60億近くの人がいます。双子でも全く同じではなく一定の違いがあります。簡単に違いを見分ける仕組みがあれば、その仕組みを使ってパソコンのセキュリティが高められるかもしれません。法人向けパソコンには指紋認証機能が付いているものがあり、利用するときに利用者が指紋の登録をします。それ以降は使うときに指紋をかざせばログインができます。パスワードなどを覚える方法だと、生年月日などだとなりすましで他人にログインされてしまいます。かといって難しいパスワードだと忘れる可能性があります。指紋認証ならなりすましやパスワード忘れなどの心配が少なくなります。一度登録をしてしまうと他の人用として使えなくなるので注意が必要です。

物理的に盗難を防ぐワイヤーロック

パソコンの盗難の問題として、一つは情報の抜き取りがあります。パソコンそのものは盗難されなくても、USBメモリなどを使って情報を盗まれる可能性があります。それ以外にパソコンそのものの盗難があります。重要な情報が保存されているとき、パソコンが盗まれると中の情報も盗まれます。法人向けパソコンにはセキュリティ対策が施されているものがあり、その一つとしてワイヤーロックを使う方法があります。パソコンの角の辺りに小さい穴があり、そちらにワイヤーロックを通します。後はデスクとワイヤーロックをつなげておけばパソコンの盗難を防げます。この時ワイヤーロックの性能が重要になります。安物だと簡単に切られるので、切られる可能性のないタイプを使いましょう。